夕焼け空。銭湯にでも行きましょか - ふぁみとりっぷ5号館

いま「風雲児たち」ワイド版と幕末編、合わせて50巻を一気読みしております。

fc9e7aa9.jpg

今年(2018年)のNHK正月時代劇で、「真田丸」のキャストが再集合して話題になった「風雲児たち~蘭学革命編」の原作マンガということで関心を持って読み始めたのですが、これが面白いのなんの。

関ヶ原での敗者たちの「恨み」。
蘭学の萌芽と弾圧の繰り返し。
江戸初期から積もりゆく勤王思想のパワー。
探検者や漂流民たちの触れた西洋。
そして、江戸期を通じて何度もあった来航者に慌てふためきながら、確信犯的に何もしない幕府。

これら全てがマグマとして地下に溜まり続け、ペリー来航という発火点を機に一気に吹き出した幕末。

平賀源内や田沼意次、林子平に松平定信、前野良沢、杉田玄白、最上徳内、司馬江漢…
教科書には、徳川期のある一時期を彩る政治家や文化人などとしてのみ出てきますが、「風雲児たち」では彼らの活躍がすべて明治維新へと続く伏線として描かれています。

1981年連載開始(いまなお連載継続中)で、昭和なギャグが(特に前半のワイド版は)満載なのもアラフィフの私にはたまらないのであります(^o^;;

 [PR]  風雲児たち「ワイド版」
 
→書籍(製本版)の売場へ  →電子書籍の売場へ

幕末を語るマンガのはずが、物語は関ヶ原から始まります。
島津、毛利、長曾我部...生き残った敗者たち。鎖国の中で異国を知ろうとする、あるいは知らざるを得なくなる蘭学者、探検者、漂流者たち。彼らの活躍の1つひとつが、やがて訪れる幕末動乱への鍵となっていきます。
 [PR] 風雲児たち「幕末編」
→書籍(製本版)の売場へ →電子書籍の売場へ

江戸期の風雲児たちの活躍を経て、いよいよ物語は幕末へ。
とにかく登場人物が多くて濃い。松陰、西郷、龍馬ら「主役級」だけでなく、阿部正弘、プチャーチン、ジョン万次郎など「脇役たち」の活躍が丁寧かつ躍動感をもって描かれていて目が離せません。

「風雲児たち」では、ペリーやハリス、プチャーチンたちと幕府との駆け引き、口を封じられていた外様大名たちが表舞台に登場してきた背景、大老に任ぜられた井伊直弼の葛藤、水戸徳川家が大奥に嫌われる理由といったことが、これでもか、というほど丁寧に語られます。

まぁ、月刊誌でこれをやるから、明治維新がなかなか近づかないわけですが(^o^;;;;;

一方、大河ドラマ「西郷どん」は、ただいま1858年を進行中。
家定と斉彬がこの世を去り、西郷と月照の逃避行の真っ最中。
「風雲児たち」でいえば幕末編の14~16巻あたりですね。 

ん~。
40年かけて連載され、作者みなもと太郎氏のライフワークと化している作品と比べてはいけないのかもしれませんが...。

何て言えばいいんですかね。
浅いなぁ...。

ヒーさま(一橋慶喜)の何がすごいのか。

本寿院はなぜ慶喜を毛嫌いするのか。
直弼が慶福擁立で強権発動できたのはなぜなのか。
なんでそんなに篤姫は西郷に肩入れするのか。
無知だった西郷が、どこでどうして幕府に警戒されるキーマンになったのか。
だいたい、西郷はなぜ月照を連れて逃げなきゃならんのか。

ぜんぶ「なぜ」の部分をすっ飛ばして、「知ってるでしょ、あとは脳内補完してね」って感じで仕立てられているから、もうとにかく消化不良。

しかも斉昭だの直弼だの慶喜だのに平気で直接絡んで話を進めるもんだから、裏工作だの人脈づくりだの、長州・水戸との交流・せめぎ合いだのといった、本来面白くなるべきところがまるで出てこない

刺客を返討ちにして、人斬っちゃったわーっとか、
品川の酌女と連れて逃げてよとか、

ぼぼぼっと出てくる殿の霊とか、
そういうの要らないから。

その分を削れば、少しは話がつながるように創りこめるでしょうよ。

どうせ次回はあっさり薩摩に着いて、前回手配書が回って身動きが取れなくなってしまったことなど無かったことにされるんだろうな。

豪華俳優陣の無駄遣い。もったいない。
別に史実どおりでなくてもいいから、ちゃんと話がつながるようにつくろうよ。

西郷どん

異論は諸々ございましょうが、ワタクシ的には「中途半端なフィクション大河はイヤ」。
史実でなくても「ひょっとしたら、こんな人だったのかもしれない、こんなこともあったかもしれない」と思わせるのがベスト。真田丸なんかはまさにこれでしたね。

え~そんなのあるわけないじゃん、が増えるとつまらなくなる。
代表選手は「江」。
残念ながら「西郷どん」もここに入れてしまいたくなる。

フィクションならフィクションで「新解釈」とか言い訳せずに堂々とやれ、で突き抜けたのが「おんな城主直虎」。
これはこれで面白かった。なんというか、大河の新境地でしたな

というわけで「西郷どん」、来週は面白くなるといいなと僅かな期待でここまで観てきましたが、限界に近づきつつあります。
やれやれ。

いつか「風雲児たち」を原作に、大河ドラマやってほしいな~。
蘭学革命編同様、三谷幸喜さん脚本で。
でも「風雲児たち」もこのペースじゃ完結しそうもないし、無理な願いですかね。

私の勤務先は、裁量労働制が導入されています。
もちろん現在の法律に基づくもので、労使の合意に基づいて運用されています。

裁量労働手当として、約30時間の残業代に近い額の月額手当をいただいています。
実労働時間はPCの稼働状況や出張記録などをもとに管理されており、残業時間が月20時間を超えると

「裁量労働により期待される業務効率化の効果が十分ではない。裁量労働の適用から除外することを検討せよ」

という警告メールが(私ではなく)上司に会社から飛んできます。
(文面はもうちょっと柔らかいですが。)

だから、社員はなんとか効率的に仕事をこなして、残業を20時間以内でおさめようと頑張ります。
20時間以内の残業で、30時間分の残業代がもらえるのはありがたいですからね。
間違いなく、裁量労働制導入の効果は出ていますし、私の周りの社員のほとんどが「裁量労働制になってよかった」と思っていますよ。

ちなみに、2か月続けて残業時間が月45時間を超えると、「今だけたまたま業務繁忙で超えちゃったんです~」と本人が訴えても、強制的に裁量労働終了となります。

裁量労働制導入で働かせ放題なんて、うちの会社ではあり得ません。
身びいきかもしれませんが、いい会社だと思いますよ。
ま、珍しい会社なんだろうなとも思いますけどね。


さて、働き方改革法案から外されました、裁量労働制の対象拡大。
与党も野党もなんだかな~って感じで傍観しておりました。
私は現制度で既に対象なので、法改正されようがされまいが大きな影響はありませんからね。

与党:裁量労働制にすれば労働時間が減るよ~(o‘∀‘o)*:◦♪
野党:裁量労働制は働かせ放題制度だ~(♯`∧´)

なんですか、その二分論。

国会っていう、他党を罵倒して野次ってナンボの世界ですから仕方ないのかもしれませんが(仕方なくないっ*`^´)、もうちょっと丁寧に、「裁量労働制で負担軽減と効率化が実現しているケース」と「裁量労働制で負担が増えているケース」を分析して、どのように制度設計すれば労働時間が減って、かつ企業側の業績向上にもつながるか、っていう議論ができないもんですかね。

アンケートもとったんでしょ。
例の、恣意的に使ったんじゃないかって揉めたやつ。
良い事例も、悪い事例も集まったでしょ。
なんでやらないの。

なかには「裁量労働制を正しく運用すれば、労働者の負担軽減になるはずだ」という論調(与党寄りのものが多い)も見かけますが、じゃあどういう制度に改めれば「正しい運用」を守らせることが可能か、って観点はばっさり抜け落ちているんですよね。
あったとしても労基署の限られたパワーとリソースを度外視した「事後の取り締まり強化で対応せよ」みたいなものばかり。

実際に裁量労働制のメリットを享受している立場からすれば、うちの会社みたいなやり方を義務付ければいいじゃない、と思ってしまいますが、まぁ推進側のホンネはそうしたくないんでしょうな。手間がかかるし、今は(36協定結べば)適法な50時間とかの残業をさせられなくなるし。

裁量労働制で、過重労働を発生させず、かつ業務効率化を実現させようと思ったら、実は会社側は大変なんです。
今までは時間に応じた残業代を払えば済んでいたものが、より厳密に労働時間と業務成果を把握して、「裁量労働制を適用することが適切か」を個々の社員ごとに判断しなければならなくなるのですから。

与党側は、裁量労働制導入ありき。しかも、まともに説明しようとしない。
野党側は、裁量労働制アレルギー。しかも、まともに提案しようとしない。

もう、罵り合うだけの論戦には飽きました。
そろそろ、自己主張じゃなくて合意形成に汗をかくことのできる政治家さんに出てきてくれないかな~と思ってしまいますが、無理な話でしょうかね|ω・`)

1/22の東京の雪、豊洲ではあらかた消えましたが、練馬ではまだまだ雪景色がそこらじゅうで見られます。同じ東京でも全然違いますね。

こちらは練馬区内、春日町の環八通り。
画像は​Twitterに投稿​したものの転載です。



こちらは江東区豊洲駅近くの様子です。




このページのトップヘ