前の見学先アミューズ・ミュージアム
次の見学先書道博物館【休館中でしたが】


一葉記念館への行き方

  • 東京駅→(JR山手線で4駅8分)→上野駅→(地下鉄日比谷線で2駅4分)→三ノ輪駅下車
  • 三ノ輪駅から一葉記念館へのルートは、上の地図か一葉記念館のWebサイトの案内を参照してください。
→ 一葉記念館のHPへ

入園料(2018年7月現在)
 未就学児無料、小学生~高校生100円、大人300円
障がい者減免 あり(本人・介助者無料)

■ぐるっとパス2018「全部回ろう」目次へ■

■ふぁみとりっぷANNEX「おでかけレポート」目次へ■


ぐるっとパス「全部回ろう」チャレンジ
2日目(2018年7月6日)の訪問先

1日目(2018年6月22日)に戻る

3日目(2018年7月11日)に進む
「東京・ミュージアムぐるっとパス2018」で入れる施設を、2か月の有効期間の間に全部回ろうチャレンジ。2日目は上野周辺を回ります。上野0946-02
まず初めは、三ノ輪の一葉記念館です。
言うまでもありませんが、一葉とはこの記念館のある下谷龍泉寺町(今の台東区竜泉)に暮らした明治の女性作家、樋口一葉のこと。
記念館向かいの小さな公園には、菊池寛を筆頭にした有志が建てた、樋口一葉を称える碑も据えられています。

1階に無料のコインロッカーが(100円リターン式)があるので、身軽に館内を回りましょう。
上野0952-01
2階では、一葉の来歴と生涯、その家族、作家仲間との交流などが紹介されています。
ここは撮影OKですが、一葉の自筆原稿や手紙、後世の人の手により描かれた肖像などが展示されている3階などは撮影禁止になっています。
上野1002-02
わずか24年の生涯を駆け抜けた樋口一葉。
亡くなる前に一葉は、書き溜めた日記を焼き捨てることを望んだといいますが、死後、妹(くに)の手で世に出されます。ですから「一葉日記」を通じて私たちが一葉の思いに触れることができるのは、くにのおかげではありますが、30年遅れて旅立ったくにを、あの世で一葉はどう迎えたやら

あれこれ展示内容を書き写すのも野暮ですので、このあたりで。
あとは皆さま、一葉記念館に足を運んで、一葉自身、そして彼女をとりまく人々の熱い思いに触れてきてくださいませ

前の見学先アミューズ・ミュージアム
次の見学先書道博物館【休館中でしたが】